クリスマスに女性からもらったブレスレットだ。

女性のマイブームが、本で各種元来石の使い道などを調べて、意外と高額ではないけれどきれいな色調の石を買うことだ。

一時期は色んなお店のシュトーレンをインターネットで見い出し、書き込みを見て買いあさったり、僻地で有名なパンや君かた取寄せたりしていました。
ある時は、ゴマや君、ビーズやガラス製作の自作ミュージシャン君のサイトや、開設太陽に入り浸ったりもしていました。
「ハマり症」です。

因みに、女性の女性(祖母)もハマるといった四六時中、ハヤシライスだったり、えのき茸だったり、そんなご時世がありました。四六時中、紅茶キノコが卓の上に在るときは、息子心に随分怖かっただ。

脱線しましたが、女性がくれたブレスレットには女性任命の石がたくさん使われていました。我々は元来石に注意があまりなく、使い道などもわからず、ただ「色調が小ぎれい。形態が可愛い」なのですが、水晶に内面が刻んであったり、バラが刻んであったり、どうしてそんな美しい石を探してきてくれたんだろうというと、まったく嬉しかったです。

また、石だけではなく私の作った粘土製作も、ブレスレットに組まれていました。
というのも、我々はオーブンで硬直講じる樹脂粘土制作を通じていて、サンタやツリー、雪だるまの要素を作っていました。ビーズのようにテグスが受かるように穴を開けて。

その品性たちを、センスよく天然石といった元来石の間に埋め込んで私の手首ぴったりの長さに作ってくれました。

クリスマスの太陽に、待ちきれないというばかりに早朝から「これ見せるわ」と渡されて開けると、きらきらのブレスレットが入っていた気迫は今も忘れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です