クリスマスにて任天堂64のプレゼント

“小学生高学年の辺り、マイホームで、任天堂64の本体をクリスマス貰いもので父母からもらいました。当時は任天堂64は講義も流行っていて、自分もほしいとしていたので、至極嬉しかったです。
直ちにやってみると予想以上に楽しく、至極はまってしまいました。父母とも64のしなやかでマリオ宴会をやったりしながら遊びました。お父さんも64を通していたタイミングもあります。お父さんというチョロキューのしなやかで一緒に遊んだのも喜ばしい手帳の一つだ。今では、64は販売されていないので、少し寂し行く思います。64は時々今もやってあり、64しなやかのパワプロやマリオチャットなどのしなやかもやっていらっしゃる。しなやかのマリオチャットやパワプロ4も父母からの貰いものだ。マリオチャットは、解消マガジンを見ながら、お母様と各ステージをクリアしていきました。パワプロはペナントレースなどで、重鎮を数多く使い面白く演奏していました。64を買って長年になり、傷んです所もあるは思いますが、小学校の辺りの父母との力でとして大切に保管しながら遊んでいます。今でも任天堂のレクリェーション機やしなやかは沢山でていますが、スゴイ貰う機会がありません。機会があれば買いたいだ。
もしも親戚や友人で64をやりたいと思っているクライアントがいたら、中古のレクリェーション屋で買って演奏心がけることをお勧めしたいだ。今は現代も進みレクリェーション機も進化していますが、昔の64もすごく有難いレクリェーションです。64が二度と立て直しする事を願っていらっしゃる。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です