僕が今までもらって最良嬉しかった贈り物

それは書面だ。送り主は、今は亡きおじいちゃんでした。ハイスクールのところ、生年月日に祖父母の住宅に娯楽に行った場合、絶えずおじいちゃんがお茶を飲んでいる卓袱台の上に、常にチラシが沢山置いてありました。遊びに行くと必ずと言っていいほどそれらのチラシを見極めるスタイルがあった僕。その日も、何気なしに卓袱台の上のチラシに目をやると、チラシの裏におじいちゃんのとても丁寧な言葉で「〇〇さん、生年月日おめでとう」の言葉が。昔から口数が極端に低くおとなしいおじいちゃんでしたが、目に入れても一体全体痛くないほどに僕を可愛がってくれていました。その日おじいちゃんの見てくれはなく、ただ私の生年月日を祝う言葉づかいが書かれたチラシが無造作に有るだけ。何のデコも無い、色気のカケラも乏しいそのチラシ。その時は、初めてのおじいちゃんからの生年月日祝いの言葉づかいにただ面食らって、ワクワクしながら、「はからずも何かの不埒かも…」とすら見なし、そのおじいちゃんからの書面を持ち帰る事すらしなかったけれど、今回思い返せば本当に受け取って、おじいちゃんにありがとうと伝えればよかった。まだそのことが悔やまれます。それから数年あと、おじいちゃんは癌に侵され、入院を拒んです結果住宅において最期を迎えました。肉親が入院を勧めても頑なに拒み積み重ねるほど頑固なおじいちゃん、私の女子や叔父らにとっては昔から困った男だった様ですが、僕にとってはただ手厚い大好きなおじいちゃんでした。如何なる割高物体よりも、華やかな物体よりも、大切な人からの暖かい言葉づかいが、僕にとっては人生忘れられない最良もらって嬉しかった贈り物だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です