東京の会社を通じて一緒に買いに赴き、その場でつけるというシルエットでしたが、物でいうなら亭主から貰ったペア指輪が一番嬉しかった贈与でした。

年間記憶に大阪の人間へゼロ泊のトラベルへ行ったんですが、いく前に指輪会社が組合せですロフトへ連れて壊れ、好きなものを選んでいいよと言ってくれました。
依然として年間瞳というのと、キャリアして年間瞳ということもあり、買ってもらえるとしていなかったのでとても驚いたのと嬉しかったのでいっぱいでした。
一泊トラベルの事も事前に知らされておらず、ふらっと新幹線に乗せられるというビックリの連続…
一緒にそれをつけてのトラベルとして、トラベル中幸せな心持ちでいられることができる日でした。
もらって有り難い贈与(カタチ)はペア指輪なんですが、ビックリ全てが亭主からの贈与と考えると、年間記憶日自体が今までで最高に幸せな贈与だ。
ペア指輪を一緒につけて、初めてのユニバーサルスタジオジャパンへ連れて行ってもらい、最後には亭主の友人の日雇い先のイタリアン食堂へ行ったのですが、そこではわたしが年間記憶日だと聞いた亭主の近隣という他の職員の方々からのビックリで、おめでとうとチョコレートでデコレーションされたスウィーツを贈与してくれました。
周りの人にまで祝ってもらえるとは思っていなかったので、きっとその時が一番泣いたと思います。
豊富悩んで考えて、一緒に祝福を通じてくれた亭主からの素敵なビックリの連続だったその日一年中が大切で幸せな贈与です。