大好きなパワースポット巡りをゴールデンウィークにしました

ゴールデンウィークなので、日頃の疲れを取ってパワーチャージしようかと、パワースポットこと東国三社巡りをしました。鹿島神宮、息栖神社、香取神宮の三つを参拝します。それぞれ10kmくらいの距離にあるので、巡るには丁度良い距離です。早朝に出かけたいと思ってましたが、なかなか寝付けない為思い切って朝の2時過ぎに出掛けることにしました。時間が早過ぎるので、のんびり国道をひたすら走ります。運転技術にあまり自信の無い私ですが、早朝の都心ならば空いてるから私でも大丈夫だろうと、新宿~四谷~日本橋~浅草を車で走り抜けます。海の上に浮かぶ一の鳥居を通過する頃に朝日も昇り、朝日が神々しく早出して良かったなぁとテンション上がりました。

まず鹿島神宮に到着しました。拝殿を参拝し、さざれ石、要石をお参りします。そして御手洗池に行くと、それは鯉が鮮明に見える程水が澄んで綺麗な池でした。御手洗池の側に、湧き水で入れたコーヒーや湧き水を使って作った蕎麦を楽しめるお茶屋さんがあったのですが、早朝で疲れたのか子供たちが愚図るので、お茶屋さんは諦め、宝物館で国宝直刀を見に行きました。日本最古で最大の直刀は、実物大のレプリカが誰でも触れるようにと置いてあり、その大きさと重さを感じると驚きも更に増すのでした。

次は息栖神社です。こじんまりとした神宮ですが、御神木の夫婦杉が立派です。さらりと参拝を済ませ、次は香取神宮へ向かいます。

香取神宮の要石と鹿島神宮の要石は繋がっていると言われているので是非見たいと思ったのですが、鹿島神宮の要石は分かりずらい場所で、探すのに少し苦労しました。香取神宮の鳥居や本殿と拝殿は、細工も細かくて赤く鮮やかで絢爛でした。これで最後だからと、愚図る子供たちを煽てて石段を登り、お参りを済ませて、無事東国三社巡り終了です。GW明けは、チャージしたエネルギーで元気一杯過ごしたいです。